MotorolaのHoneycombタブレットXoomはフラッシュサポート無しでスタート

MotorolaのHoneycombタブレットXoomはフラッシュサポート無しでスタート

»Motorola Xoom won’t have Flash support at launch, says Motorola, Verizon

タブレット向けAndroid3.0Honeycombを搭載した初の製品モトローラXoomは、今週発売される予定だが、フラッシュ非対応のままで発売となるようです。その他にもLTEデータ通信非対応、マイクロSDへのアクセス不可など中途半端な完成度。

Verizonによると2011年春、Adobeは2011年早期にフラッシュ対応となると言っているので、Appleのフラッシュ非対応というのとは事情が違うようではありますが。やっぱり新OS1号機っていうのは冒険が必要みたいです。

Motorola Xoomスペック

  • 発売予定日:2011年2月
  • 大きさ:249x168x13mm/730g
  • OS:Android3.0 Honeycomb
  • プロセッサ:Nvidia Tegra 2 1GHz
  • RAM:1GB
  • ストレージ:30GB
  • ディスプレイ:10.1インチマルチタッチ 1280×800
  • ビデオ出力:1280×720(720p)
  • サウンド:モノラルマイク/ステレオスピーカー/3.5mmジャック
  • 通信:CDMA/GSM各モデル
  • その他:マイクロUSB/Wi-Fib/g/n/Bluetooth2.1+EDR/GPS
  • カメラ:500万画素 LEDフラッシュ/ウェブカム:190万画素

ついでにXoomのCM貼っておきます。よくわからないけど。

今年はHoneycomb機種が、日本でも夏以降大量導入されるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。