次期iPhoneとiPadはおさいふケータイ化へ

次期iPhoneとiPadはおさいふケータイ化へ

»Apple Plans Service That Lets IPhone Users Pay for Purchases With Handsets(英語)

次期iPhoneとiPadにはお財布機能が搭載される、とコンサル会社エンビジョニアリング幹部のドハーティ氏。

あるコンサルタント会社幹部によると、次期iPhoneとiPadにはお財布携帯機能が追加される予定。お財布携帯機能というのは、NFCと呼ばれる技術で日本ではすでにポピュラーなもの。スイカやガラケーでピっとやってモノを買ったり改札を通ったりするやつです。この機能が無いから、iPhone使わなかった人もいるはず。

Appleは現在カード会社に支払っているiTunesストアでの手数料削減も狙っており、NFCサービスは2011年中旬にも本格稼動させるつもりで計画を進めている。ドハーティ氏によると、NFCを搭載した新型iPhoneとiPadも2011年中旬には発売されると見られている。

AppleはNFC機能付きiPhoneやiPadを読み込むための、ベースターミナル機の試作品をすでに完成させている。これは小型の商店で使用するためのもので、Appleは普及加速のために、このターミナルを店舗へ無償もしくは格安での提供をかなり本気で検討しているようです。

日本だったら、すでにあるインフラに対応してもらわないとちょっと困りますね。スイカとかエディとか。いまさらまた新しいの導入されるのも、面倒。

以前ソフトバンクが、iPhoneを電子マネーに対応させるキットを発売しましたが、この時はWAON、NANACO、Edyの3種類でした。NFC搭載した次期iPhoneも相変わらずソフトバンクが取り扱うとすれば、少なくともこの3つには対応するということかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。