HTCが3月にAndroid2.3タブレットFlyerを市場投入

HTC Desire

»HTC to launch Flyer tablet PC in March

HTCは2011年前半にタブレットをリリースする計画のようです。Flyerと名づけられる予定のこのタブレットは、3月に米国市場に投入される予定とのこと、と台湾IT系メディアのDigiTimesが報道。

FlyerはスマートフォンのHTC Desireを大きくしたような製品で、OSにはAndroid2.3が搭載される見込みだが、Android3.0Honeycombが公開され次第アップデートが可能になる。HTC Flyerはキャリア扱いで販売される予定で、HTCはRIMのPlayBookやモトローラのXoomよりも先に市場に投入したい考え。

Flyerは2011年来春から米国以外でも販売が開始される。HTCは6月にもHoneycombを採用したタブレットを2機種発売する見込みとのこと。

HTCはタブレット市場には参入しないと言っていましたが、そういうわけにはいかないだろうね。スマホとタブレットはセットみたいになってるから、どちらか一方ではプレゼンスを失っていくだろうし。Scribeってのはどうなったんでしょうか。6月発売の2機種のうちのひとつかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。