高性能タブレットNotion Ink Adam順調に出荷準備中

高性能タブレットNotion Ink Adam順調に出荷準備中

低消費電力の薄型タブレットと言われ、かなり前から一部で話題になっていたインドNotion Ink Adamタブレットがまもなく出荷開始!と先日書きましたが、その後も本当に出荷されるのか?と半信半疑な目が多かったAdam。

そんな心配を吹き飛ばすかのように、ブログに製造ラインの画像がアップされました。大量のAdamが確認できます。これなら、ちゃんと商品送られてくるでしょう。

商品化されてもバッテリー駆動時間は本当に16時間なのだろうか。そのほかのスペックも現時点では優秀レベルなので、買っても損は無いかも。デザインもスリムでなかなかいいです。

当初2月出荷と言われていたが、FCC(米連邦通信委員会)の審査を通過したのですぐ出るみたい。先日の投稿で水曜日にも出荷かも、と書きましたが、1月最終週の出荷開始で落ち着いたみたいです。2月予定と言っていたのもFCCの審査に時間がかかる可能性があったからで、本当はもっと前倒しできる体制を整えてたみたいです。

最近のタブレットでは一番日本に入ってきてほしい製品かも。予約価格は一番安いモデルが399ドル(32950円)だったから、かなりお買い得な部類だと思います。

Notion Ink Adam 製品版スペック

  • 大きさ:191x269x14/重さ:約720g(1.6ポンド)
  • プロセッサ:Nvidia Tegra 2 Dual Core Cortex A9
  • RAM:1GB DDR2
  • ストレージ:内蔵8GB/マイクロSD
  • バッテリー:3 cell 24.6Whr battery
  • ディスプレイ:10.1インチWSVGA(1024×600)マルチタッチ・反射防止・傷防止・指紋付着防止加工/オプションでPixel Qiディスプレイ
  • カメラ:320万画素オートフォーカス
  • 通信:Wi-Fi 802.11b/g/n/Bluetooth2.1/3G HSPA
  • オーディオ:ステレオスピーカー/3.5mmジャック/内蔵マイク
  • 端子:USB/ミニUSB/SIMスロット/マイクロSDスロット

Pixel Qiディスプレイは、通常のカラー液晶ディスプレイモードと、電子ペーパーのような低消費電力の白黒バックライト無しモードの切り替えが可能なディスプレイ。参考ページ:Pixel Qi の3Qi ディスプレイ、自作・交換用に販売開始(エンガジェット)

»Notion Ink Blog “Delayed! :)”

気軽につかえる電子ペーパー黒板
気軽につかえる電子ペーパー黒板

付属のスタイラスや爪などで簡単に描画ができ、ボタン一つで消去可能なお絵描きボード。消去時以外は一 切電力を消費しない非常に省電力な設計(約5 万回の消去が可能なバッテリーを内蔵)。いろいろ使い道ありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。