元Palm WebOS開発のエース、現GoogleのMatias Duarte氏がインタビューに登場

元Palm WebOS開発のエース現GoogleのMatias Duarteがインタビューに登場

PalmのWebOS開発の元エースで、昨年GoogleのAndroidチームに移籍したMatias Duarte氏が、CESでエンガジェットのインタビューに登場。今もWebOSのファンですよ、と話しながらインタビューが始まる。もちろんGoogleの人間としてw

コンピュータの世界に変革をもたらしたかったMatias氏がGoogleに移籍したのは、ものすごいスピードで大きく成長するGoogleでの仕事は、コンピュータを変えていく大きなチャンスだった、とのこと。

どこかしらに売却されるしかなかったPalmじゃ、彼の仕事も先細りだったかもね。結局HPに売却されたけど、Lenovoも候補に挙がってたし。Lenovoもこういう人材を欲しがったと思うけど、中国企業っていろいろ制約多そうだし。

それにしてもインタビュアーのおっさんがうざい。もっとDuarte氏に喋らせてほしかった。

»Exclusive interview: Google’s Matias Duarte talks Honeycomb, tablets, and the future of Android

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。