iPad2は2011年に3タイプが発売される予定

jobsipad

2011年に発売されるとうわさのiPad2は、Wi-Fi、UMTS、CDMAの3タイプか、もしくはそれぞれの組み合わせのモデルになりそう。

早ければ1月後半にも本格的に製造が開始され、1月中に50万台から53万台のiPad2を出荷する計画。Wi-Fi、UTMS、CDMAの割合は3:4:3。(3月から4月にかけての発売という話もある)。

現在のiPadの60~65%は3Gモデルで、ユーザーはいつでもネットに接続できる状態を好む傾向にあるらしい。これを受けてAppleは、これまで以上にキャリアと密な協力体制で製品開発をしている様子。通信機能以外ではKindleに対抗するために、ディスプレイの汚れや反射を防ぐことにも力を入れているようです。

iPad2は2011年に、世界のタブレット市場の65%から75%にあたる4000万台が出荷される見込み。

AndroidとWindows陣営も早くキラータブレット出してくださいよ。Androidはタブレット用と言われているHoneycombが本格可動してからかな。Windowsは今から市場取れるのでしょうか。WebOSはこの手の商品からは消滅?一社独占て気持ち悪いからちゃんと競争状態をキープしてほしいです。

»Apple prepares three versions of iPad 2 for 2011

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。