教育市場向け2画面タブレットKnoが出荷開始される

教育市場向け2画面タブレットKno

重い教科書を背負って歩く学生を解放すべく、教育市場用に開発された2画面のタブレットKnoが、予約客へ向けて今週から出荷が開始された。

Knoには1画面と2画面のタイプがあり、OSにはAndroidでもWindowsでもなく、Ubuntu 9.10を採用している。教科書やノートアプリ、学校関連資料などのコンテンツを厚めにそろえた、独自の電子書籍ストアを展開しており、今後も続々とタイトルが追加されていく予定。

ディスプレイは14インチもあるので、かなり大きそうです。それでも教科書を何冊も持ち歩くのよりは軽いのでしょうが。ちなみにKnoとはKnowledge(知識)の略語。

スペックは下記の通り

  • プロセッサ:1Ghz Nvidia Tegra T200シリーズ Dual-core ARM© Cortex™-A9 MPCore
  • OS:Ubuntu 9.10
  • メモリ:512MB(RAMのことと思われる)
  • ストレージ:16GBと32GB(選択?)
  • 通信:Wi-Fi、Bluetooth2.0
  • バッテリー:通常の授業使用で6時間連続可動
  • 大きさ:1画面タイプ/35x23x1.4cm 1.2kg /2画面タイプ/35x46x2.9cm 2.5kg
  • オーディオ再生:ACC, MP3, WMA 10, PCM/WAV
  • ビデオ再生:H.264、WMV9/VC-1、MPEG-4など1080p、フラッシュ対応
  • 3.5ミリジャック、マイクロUSBポート、マイク搭載、スタイラス付

カメラは無いみたいです。正直もう少し小型化・軽量化をすべきじゃないだろうか。常時持ち運んで使うには少し大きすぎるでしょ。

Appleも昔は教育関連かなり力入れてたけど、結局Windowsに駆逐された感じでした。Kno頑張れるでしょうか。Appleの教育関連をターゲットにしたCM好きだった。

» The Kno (Official Site)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。