Lenovoは来年に米国でタブレット発売へ

中国最大のPCメーカーLenovoは来年に米国市場へLePadというタブレット投入を予定している。スマートフォンのLePhoneを中国国内ですでに発売しているが、タブレットはまず米国と中国市場で展開していく模様。

lenovo

AppleがiPadを発売してから成長著しいタブレット市場だが、ライバル企業のDELLやSamsungはすでに市場へ参入している。DELLは5インチのStreakをすでに発売しており、今後10インチのタブレット(Looking Glass?)も発売をする予定。

Samsungは今話題の7インチGalaxy Tabを発売している。Blackberryを展開するRIMからも、来年のQ1にPlayBookというタブレットが500ドル以下の価格で発売される予定。

今後5年間で収入の10~20%がモバイル関連機器になると予想されるLenovoはダウンロードストア拡充のため、モバイル関連のアプリやサービス開発者に対しての1500万ドル規模の支援を行っていくとも発表している。

LePadの発売日や価格については具体的な情報が明らかになっていないが、Chrome OSが搭載される可能性もありとのこと。

本格的にiPadのシェアを切り崩す製品てまだ出てませんよね。Galaxy Tabは7インチだから若干市場が違うと思うし、DELL Streakは完全にスマートフォン扱いだし。Lenovoあたりが低価格で手広くやると状況変わるのかもしれません。東芝やNECのタブレットは価格的に海外じゃ無理だろうな。

» Lenovo: LePad Tablet to Launch in U.S. Next Year

タブレット革命 ~iPad登場でわかった“板型PC”の破壊力
タブレット革命 ~iPad登場でわかった“板型PC”の破壊力

2010年は、iPadに続き、アンドロイドやウィンドウズを搭載した「タブレットコンピューター」が続々登場する、まさに「タブレット元年」。ビジネス、ライフ、コミュニケーション、教育、メディア、書籍、ゲーム、働き方を激変させるタブレットの驚異を、豊富な具体例をもとに解き明かす、すべてのビジネスパーソン必携の書!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。