Googleが20億ドル(1600億円)のマンハッタンのビルを丸ごと購入予定

111 8th Ave.ビル Googleニューヨークの拠点

Googleがマンハッタンの拠点として20億ドル(約1600億円)を拠出し、111 8th Ave.ビルを丸ごと購入する予定。場所はニューヨーク8番街の15丁目から16丁目の1ブロック分を占めるチェルシー地区の巨大ビルです。延床面積は300万平方フィート(約28万平米)。

111 8th Ave.ビル Googleニューヨークの拠点

Googleは今回購入予定の111 8th Ave.ビルの一部、55万平方フィート(約5.1万平米)を賃貸ですでに使用している。ちなみにこのビルのGoogle以外の入居者はナイキやアルマーニなど。

このビルは元々、ニューヨークとニュージャージの交通機関を管理している港湾管理委員会のビルだったため、予備の発電機、電源、アンテナ、光ケーブルなどの設備が充実しているハイテクビルとのこと。

まだ契約が成立したわけではないので、実際に購入に至るかどうかはわかりませんが、推定価格の1平方フィートあたり690ドルは現在の所有者が購入した価格の半額以下とのこと。

» Google to buy $2 billion Manhattan city block?

書物と映像の未来――グーグル化する世界の知の課題とは
書物と映像の未来
グーグル化する世界の知の課題とは

グーグル・ブックス、電子書籍、ユーチューブ。学術書を含めた書籍や、映画、ドキュメンタリー等のメディア文化財をいかに保存・継承していくか。市場原理とは異なる視点に立ったそれらの保存や公開、活用のあり方とは具体的にどのようなものか。書物と映像の現場と研究を先導する論者たちが考える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。