Gartnerによると2011年には北米でAndroidがiOSのシェアを上回る見込み

IT系調査・コンサル会社のGartnerによると、世界市場での携帯端末OSシェアはSymbian(Nokia)とAndroidが2大勢力となる見込み。2014年までに、二つのOSで市場の59.8%を占めると見られている。Symbianは首位にとどまるが、Androidがこれに肉薄してくる予想。
.
通信サービスや製造メーカーのサポートにより、2010年末までにAndroidはSymbianに次ぐシェアを取得することになりそう。

世界の携帯端末OS市場は、Symbian、Android、RIM(BlackBerry)、iOSの4つのOSの独占状態となっている。iOS4、BlackBerry OS 6、Symbian 3/4、Windows Phone 7などの、OSアップデートのリリースが、2010年から2011年のスマートフォン市場の成長をさらに促すことになる。

SamsungはAndroid端末開発の予算を大幅に確保しており、これにより2010年はAndroid端末が一般市場へこれまでよりも大幅に浸透すると見られている。SonyEricsson、LG、モトローラも同様の戦略を展開してくる見込み。

2010年末までに、Androidは北米で携帯端末OSのシェア争いで首位にたつことになりそうだ。
source

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。