LGとNvidiaが協力体制、Tegra2とRetinaディスプレイで他社を追撃

LGはOptimusシリーズでNvidiaのデュアルコアTegra2プロセッサを採用するようです。年内に10機種以上の投入を目指す。

LGは世界第3位の携帯端末メーカーであるが、スマートフォン市場では1.2%のシェアにとどまっている。Android市場への参入に遅れたLGとNvidiaは協力体制を築いて、HTC、モトローラ、Samsung、Qualcomm、TIを追撃したいところ。Androidを採用してスマートフォンの売り上げを伸ばし、販売台数は年内500万台以上を目指す。

米国ではVerizon Wirelessが唯一LGのスマートフォンを取り扱っているが、年内にはT-Mobileも取り扱いを開始すると見られている。Verizon Wireless幹部によると、LGのタブレットが年内に登場する可能性もある。

Android市場では存在感の薄いLGだが、スティーブ・ジョブス絶賛のiPhone4のRetinaディスプレイを製造しているため、これを採用した他社にはないスマートフォンで攻勢をかけることはできるはず。source

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。