GoogleのAndroidは2012年までにiPhoneを超えるとの予測

Androidスマートフォンの端末数が2012年までにiPhoneを上回ると、調査会社のiSuppliが予測を出した。

2012年までにAndroidがiPhoneを上回る

iSuppliによると、あと2年でAndroid端末数は7500万台となり、iPhoneは6200万台となる。Android端末はモトローラやHTCなど多くのメーカーに採用されているが、iPhoneはApple製品のみなので、シェア拡大についてはGoogleが有利な状況。

キャリアを見てもiPhoneがAT&Tからのみ発売されいてるのに対して、Androidは大手3社のVerizon Wireless、AT&T、Sprintが取り扱いをしているため、米国内ではすでにAndroid端末の売り上げがiPhoneを上回っている。

GoogleとAppleは、今後拡大するワイヤレスデータからの巨大な売り上げを自社でコントロールするため、すでに戦闘状態に入っている。2014年までには、世界的なスマートフォン市場の23%がAndroid、16%がiPhoneとなる見込み。source

かつてのMacOSとWindowsの戦いを見ているようですね。Appleは相変わらず自社製品のみで勝負して、GoogleはかつてのマイクロソフトのようにOS提供で市場を独占していく。コンピュータOS戦ではAppleは事実上敗北していましたが、スマートフォンについてはAppleはどれだけ抵抗できるでしょうか。なんか胸が熱くなるわ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。