Lenovoが年内にもAndroidタブレットを市場へ投入する見込み

LenovoはLePhoneなどのLeシリーズの開発を今後も続ける見込みで、年内にもAndroidを搭載したタブレットPC”LePad”を市場へ投入するようです。

LePadは、もちろんiPadのライバル製品となる製品で、まずは中国国内市場への投入をする。国内市場で足場を固めたから海外市場へ参入したい考え。

Lenovoはモバイル端末市場では、後発組みとの評価を受けている状態だが、中国国内では圧倒的なブランド力を持っている。携帯端末で売り上げを10~20%増加させる計画。source

LePhoneビデオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。