中国検索最大手の百度BaiduがモバイルOSをリリースする計画

中国で70%以上のシェアを持つ検索最大手の百度がモバイルOSを開発中。
百度baidu


Googleは中国から事実上撤退している状態だが、百度のこのプロジェクトは元Googleのスタッフが率いていると言われている。百度は今後検索サービス以外にも、eコマース、オンラインビデオ、ソーシャルネットサービス、ブラウザーなど新しい分野に業務を拡大していきたいところ。

モバイル検索でのシェアが26%程度にとどまっている百度は、中国内のモバイル市場でのプレゼンスを拡大するため、Androidに対抗しうる独自のOSを確保したいと考えている。source

50万円でインターネットから中国3億人富裕層と商売する方法
陳 海騰
講談社
売り上げランキング: 958
おすすめ度の平均: 4.5

5 明確
4 中国の現状分析からBtoCビジネスへ
4 ECで中国進出を検討している方への入門書
5 バイドゥ(百度)日本駐在首席代表による中国人の最新嗜好解説
5 中国ビジネスでの狙い所・アプローチを分りやすく紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。