Appleのアンテナ技術者はiPhone 4感度低下の可能性について気づいていた

Appleの上級アンテナ技術者であるRuben Caballero氏は、iPhone 4のデザインを見てアンテナの感度低下に気づいていた。

このままのデザインだと電波受信状態が著しく低下、もしくは受信できなくなる可能性があることを、開発初期段階でスティーブ・ジョブスにも伝えていたとのこと。しかし経営陣は、より薄く軽い端末を可能にする現在のデザインを選択した。

発売開始前にキャリアで行われた実験でも、受信状態が悪くなる可能性があることが確認されていたがこの実験については外部には出てこなかった。

米国時間の金曜日に会見を開くことにしているAppleだが、ニューヨーク選出の上院議員からもオープンレターが発行され、この問題の不十分な対応について、ユーザーに対してきちんと説明及び対処を行うよう求められた。source

それにしても初期段階からアンテナ感度が悪くなる可能性がわかっていたなら、なぜ改善できなかったのだろうか。そうは言うものの、実際に製品を作ってみないとどの程度感度低下するかわからなかったから、不安を感じつつもアンテナ設計を進めてデザイン優先で製品を作ってしまったということ?それでもう修正しようがなくなった?確かにジョブスが一度気にいったデザインの変更は聞いてもらえなそうだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。