Appleが金曜日にアンテナ問題について会見を開く模様

もはや小手先だけの対処方法で逃げられるレベルではなくなっている、iPhone 4の電波受信トラブルですが、一向に改善されそうにない中、ついに米国太平洋時間の金曜日朝10時から会見を開くようです。source:BGR

iPhone 4電波トラブルまとめ

画像のリークなど紆余曲折あったものの、相変わらずのセンセーショナルな発売が開始されたiPhone 4。スティーブ・ジョブス曰く、iPhone 4はApple史上最も素晴らしい製品とのことだが、発売直後に電波受信状態が非常に悪いと、ユーザーからクレームが相次ぐ。

AppleはiPhone 4の握り方によってはアンテナを覆ってしまうため、電波受信状態が若干悪くなる場合があるので、直接手でアンテナを覆わないように、持ち方を変えるか、Apple純正のBumperケース(2800円)を使用してほしいと発表。

Appleの言い分は、携帯電話はどの機種でもこのような問題をある程度は抱えており、iPhone 4だけが特別ではなく、iPhone 4開発にあたりテストを行った他メーカーの機種でも感度低下は確認されている、とのこと。ただしモトローラはDroid Xの広告で感度低下は起きませんとiPhone 4との違いを暗に示唆した。

さらにAppleはiPhone 4の電波強度のバーを表示するソフトの計算が適切ではなく、実際表示されるべきバーの数よりもいくつか多く表示をしており、電波がつながりにくいのは元々電波状況が悪いためと説明。これについてはソフトの修正を行うと説明。

アメリカの消費者情報誌コンシューマー・リポートがテストを行いiPhone 4の感度低下を確認し、購入非推奨商品とした。その他感度低下を実証するビデオがユーザーからネットに多数アップされる。

ネット上ではリコールやBumper無償提供を求める書き込みが増え、Appleの対応が注目されていた。コンシューマー・リポートはBumperケースに効果があることも確認したが、ユーザーに費用負担を求めない無償対応をすべきだとしている。

スティーブ・ジョブズの流儀
リーアンダー ケイニー
ランダムハウス講談社
売り上げランキング: 4031

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。