米国のコンシューマーリポートがiPhone 4は非推奨製品との調査結果を報告

米国であらゆる製品の検証を行い公平な報告をする、消費者向け情報誌のコンシューマー・リポートが、電波受信に不安のあるiPhone 4は使用を推奨できない製品との報告を行った。コンシューマー・リポートは公平性を保つため、広告を一切載せないことでも有名です。



コンシューマー・レポートもiPhone 4が出始めのころは、電波トラブルがある可能性が購入を差し控える理由とはならない、と書いていましたが、しっかりテストを行った結果非推奨との結論を出したようです。

コンシューマー・リポートの外部電波を遮断できる特殊な部屋で、AT&Tの電波を再現する実験を行ったところ、iPhone 4の下部左側を手でふさぐと受信電波が弱くなることを確認できた。左手で電話を持つ人だとその傾向が顕著に現れる。

特に最初から電波が弱いエリアにいる人にとっては、このような問題があるためiPhone 4は問題が解決されるまでは非推奨製品である、とコンシューマー・リポートは報告している。このテストではiPhone 3GSやPalm Preなど、他のAT&T端末も試されたがiPhone 4のような問題は見られなかった。

コンシューマー・リポートは応急処置として、下部左側のアンテナ部分を非導電性のテープで覆うと少しは効果はあるとしており、Appleが言うようにケースの使用は少しでも状況を改善する可能性があるとも伝えている。本当にソフトの修正でどうにかなるのでしょうか?
Consumer Reports

BUFFALO iPhone 4 (16GB・32GB)用 TPUケース ブラック BSIPP5CBK
バッファローコクヨサプライ (2010-06-26)
売り上げランキング: 758
おすすめ度の平均: 3.5

3 分厚いTPUケース、落下には安心?
4 液晶保護フィルムが同梱されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。