米国ではiPhoneの1社独占販売が1月に終焉を迎える見込み

ブルームバーグのニュースによると、2011年1月より米国ではVerizon WirelessからもiPhoneが発売される見込み。

AT&T、Verizon Wireless


これまで米国内のiPhoneはAT&Tが独占販売していましたが、2011年1月からVerizon Wirelessからも販売開始となるようです。しかしAppleとVerizon Wirelessはこの件についてのコメントは避けている模様。

AT&Tは2007年のiPhone発売以来、米国最大手キャリアVerizon Wirelessをスマートフォン市場で猛追してきた。しかしAT&T側の問題で、iPhoneは電波がつながりにくいという状態が続いていた。Verizon Wirelessは次世代高速ネットワーク構築にも力を入れており、AppleとしてもVerizon Wirelessからの販売は望むところだろう。

iPhoneの販売数が今以上に劇的に増加することは間違いないでしょう。日本でも複数キャリアから発売するべき。特にiPad。

アップルvs.グーグル (ソフトバンク新書)
小川 浩 林 信行
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 51012

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。