ドイツ製タブレットWeTabの発売が延期


6月に発売が予定されていたドイツのNeofonie社が開発したタブレットWeTabだが、発売日が9月19日まで延期になったようです。

WeTabと言えば、発表当時はWePadという製品名だったがAppleからの圧力で名称を変更したと思われる製品。iPadクローン製品がいくつも発表されていますが、中国ではなくドイツのメーカーというところがちょっと気になる。このタブレットはAndroidじゃなくてLinuxベースの独自OSを採用しているようですが、Androidアプリが動くとのうわさも有り。

NeofonieのWeTabは11.6インチの1366×768タッチパネルディスプレイ、802.11a/b/g/nWi-Fi、USBポート×2、HDMI出力、130万画素カメラ、Bluetooth2.1、Flashにも対応。source

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。