OLPCが100ドルタブレットを開発中、でも低価格実現はちょっと難しそう


OLPC(One Laptop Per Child)がチップメーカーのMarvellと低コストのタブレットPCを開発中と発表。OLPCはMarvellを含めたパートナー企業に、デザインや設計に対するアドバイスを行い、使える製品を作りたい。

OLPCによるとMarvellは低消費電力技術が得意で、OLPCの求めている機能を実現させる力があるとのこと。OLPCは年末までに試作機を完成させ、2011年から販売を開始する計画。

OLPCは新しく開発したタブレットを100ドルで売りたい考えだが、この目標にはまだまだ追いつけなさそう。しかし超低コスト化に向けて改善を繰り返していけば、かなり100ドルに近い価格が実現するかもしれませんね。source

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。