HTC Wildfire 若者向けにSNS機能を強化したスマートフォン


HTCが新型のAndroidスマートフォンHTC Wildfireを発表。Facebook、Twitter、Flickrなどの利便性を向上し、コミュニケーションというテーマを重視した若者向けのスマートフォンとなっている。

スペックはAndroid2.1、3.2インチタッチパネルディスプレイ、LEDフラッシュ付き500万画素オートフォーカスカメラ、3.5mmヘッドフォンジャック、マイクロSDスロット、525MHzのQualcomm MSM7225プロセッサ、802.11b/g Wi-Fi、Bluetooth2.1、メモリ384MB、ストレージ512MB。

HTC WildfireはヨーロッパとAsiaで2010年第三Qから発売開始される予定。カラーも数色用意されるが価格については情報無し。


友人との絆を提供するSNSは現在4億人以上が利用しており、ユーザーの多くが若者である。若者の多くFacebookで積極的に友人と生活を共有している状態。FacebookのほかにもFlickrやTwitterなど、友人との様々なコミュニケーションを一箇所に集約する製品。

HTCのFriend Stream AppがTwitter、Facebook、Flickrなどの最新情報をシームレスに集めて表示をする。電話帳の各連絡先にはメールや電話など、最近のコミュニケーション履歴が表示され、誕生日が近づくとリマインダーが知らせてくれる機能もある。

新しいAppシェアリングウィジェットでは、メールやSNSでおすすめのアプリを友人に知らせることができる。連絡を受けた側はAndroidマーケットから簡単にAppを入手可能。

大型ディスプレイのおかげでFlickrやネットの閲覧にとても好都合。500万画素のオートフォーカスフラッシュ付きカメラがついているので、大事な瞬間を逃すことも無いだろう。マイクロSDもついているので好きな音楽を持ち歩くこともできる。source

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。