アメリカではAndroid携帯HTCのIncredibleが売れすぎで在庫切れ

ガラパゴス携帯が幅をきかせる日本とは違い、アメリカではスマートフォンがよく売れます。

米国最大手キャリアVerizon Wirelessが販売する台湾HTC製Droid Incredibleは発売から二日間で10万台が売れ、サムソン製の液晶パネルなど主要部品の供給が間に合わず品切れ状態。オンライン販売を優先しているので、実際に店舗で手にすることが難しい状況にあるが、それでも売れている。HTCはGoogleのスマートフォンNexusOneの製造メーカー。

高速通信網に対する取り組みも日本に比べて本格的なようで、Verizon Wirelessでは2011年5月までにLTEネットワーク対応のタブレットやスマートフォンなど数機種を販売開始する計画。
2010年末までにニューヨークを含めたエリアで1億人をカバーするLTEネットワークを提供し、2013年末までにサービスエリア全域、2億8500万人をカバーするエリアでサービス提供を開始する計画。

年内中にiPad追撃のためにAndroidを搭載したタブレットを発売する計画で、最初は既存のCDMAネットワーク対応だが準備ができ次第LTEネットワークにも対応できる製品とする。1月にラスベガスで行われるコンピュータ・エレクトロニクスショーでLTE対応のタブレットやスマートフォンを複数発表する計画。source

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。