GMとGoogleがスマートフォンとの連携を実現させる車載システムについて協議中

GMとGoogleがGM社製の自動車でのAndroidOSを利用したシステム構築について協議をしている様子。フォードとマイクロソフトSyncが提供するMyFordに対抗した取り組みと見られている。

このシステムでスマートフォンと自動車の連携が強化されれば、Wireless通話、音楽ストリーミングやドアを開けたり、エンジンをかけたり、エアコンの調整などを行えるようになるだろう。Syncではサポートされていない機能も実現させる。

ナビゲーションも重要なポイント。Androidにはあらかじめナビゲーションアプリが組み込まれているため、あまり役に立たないGMのスタートアップナビゲーションシステムに取って代わることも考えられる。しかしGoogleマップナビゲーションは音声ガイドなども行うが、ネット接続が必要なため、外国や電波が期待できない田舎では不利。GMとGoogleの連携は現時点ではうわさに過ぎず、少なくとも年内中には公式に発表されることはなさそう。source

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。