iPadにWi-Fi接続でトラブル発生 Appleがソフト修正を発表

iPad Wi-Fiに関するトラブルがいくつか報告されているようです。最も問題になっているのはアクセスポイントに対して接続を維持できないという現象。

Appleもこの問題を認め応急処置としての回避策を提案したが、iPad自身ではなく使用状況を調整するというもの。ルーターのファームウェアを最新版にアップデートする、セキュリティ設定を見直す、IPアドレスを振りなおす、などです。

とりあえずの応急処置についてはAppleのサポートページで見ることができるが、Wi-Fi問題についてはすぐにでもiPadのソフトウェア修正も行われる予定なので、トラブルを抱えている人も少しは安心できるだろう。

もうひとつの問題は電波が強いところでも電波が弱いと認識されてしまう問題。これについてもヘルプにいくつか対応策が書かれているが、こちらはソフトウェアの更新は発表されていない。

サポートにはこんなことも書かれている、iPadに表示される電波状況インジケーターよりも、実際はiPadは電波をちゃんと受信しています、というもの。source元サイトでもこの状況を確認できたようで、iPadの電波表示はある程度無視しても問題ないようです。

日本で発売されるまでにはぜひ修正してほしいですね。source

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。