個人間でのクレジットカード決済を可能にする革新的なサービスSquareのiPhone Appが一般へ提供開始される

発表後約1ヵ月、ようやくSquareのiPad appがApp Storeで一般公開された。無料のiPhone appを誰でもダウンロードできる。

Twitter設立者の一人であるJack Dorseyが立ち上げたSquareは、携帯電話を利用して個人同士のクレジットカードでの支払いを可能にする革新的なシステムとして12月に発表された。ヘッドフォンジャックに小さなカードリーダーを差し込みカードを読み込み、タッチパネルディスプレイ上で指でサインを書き、メールやSMSで領収証を受け取る。消費税の計算もしてくれる。そして今までの売り上げ履歴を確認することもできる。

SquareはもともとiPhoneのために設計され、一部ユーザーを対象に過去数ヶ月間テスト運用が続けられていた。個人情報のセキュリティについて特に重点的にチェックが行われた。カードリーダーはiPhone appが公開され次第すぐに発送が開始される予定で、アカウント登録者には無料で提供される。Squareには著名な投資家や技術者が多数出資をしている。Tech Crunchより

わかりやすいのでビデオを貼っておきます。

クレジットカードを個人で利用できるシステムとかアメリカでははやりそう。日本でもクレジットカードが使えないような個人経営の居酒屋などで、iPhoneさえあれば簡単にカードの設備を導入できるしメリットは大きいのではないでしょうか。地元の常連が集まるような小さい店って結構カード使えないとこ多いですよね。

カードの設備を持ち歩けることも良いのではないでしょうか。ビジネス街で車で弁当売ってる移動販売業者とか、個人タクシーとか。カード使えます!って言えるし。アメリカほどカードがポピュラーじゃないから、どの程度拡大するかわからんけど。海水浴シーズンに海でアイスクリーム売ってる人とか。

Androidにも展開していくだろうし、このシステムの浸透具合によっては将来的にはカードリーダー標準装備の端末とかも出てくるのかな。(追記:やっぱAndroidもあるみたい)

スイカやエディを携帯同士で簡単にやりとりできるようにするとかのがお手軽でいいような気はしますが、開発に時間がかかりそうだし、本腰入れてやらないような気もするし。いよいよ現金時代も終わりをむかえるのか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。