iPhoneに心臓の動きを利用した生体認証システムが組み込まれる予定(時期未定)

指紋、顔、瞳、音声など、生体認証システムは数多くありますが、それなりの精度を保つには装置が大きくなりがち。自分のパソコンにも指紋認証ついてますけど、買った時から一度も使ったことないです。機能切ってあるし。

実現にはまだ時間がかかるようですが、特許情報によると、AppleはiPhoneに心臓の鼓動を利用した生体認証システムを導入するつもりらしい。特許の内容はよく読んでいませんが、iPhoneのケースを握った人物を所有主かどうか判断する認証システムなので、血流の脈動もしくは熱を感知するのではないかと思います。

iPhone程度の大きさに組み込むことができる精度の高いセンサーが実現すれば、パスワードを見られることもないし、解読される恐れもない。銀行のタッチパネルの前で面倒なフェイントをする必要もなくなるしw とにかくハードとソフト両面でセンサー関連技術が大幅に向上しないと、実現は難しいと思いますけど。

こういう技術ってNECや日立などの日本のメジャー企業が実現させて、それでAppleが試作品を作って、量産時には韓国企業の部品が採用されるという最悪なパターンでしょうか。日本の企業はハードとソフトのトータル面で巻き返しをはかってほしいです。source

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。