GoogleがNexusOneの3G接続バグ修正をあきらめたっぽい


発売以来3Gネットワークへの接続不良問題を抱えていたGoogleブランドのスマートフォンNexus Oneだが、最初に発売されたTモバイルの接続については改善されているが、AT&Tの3Gネット接続不良についてはその後も問題が続いている。Googleはどうやらこの問題の解決をあきらめたようで、(公式らしき)解決策は、電波が弱いなら場所を変えてみてはどうだろう?と言った内容です。マジで?

元々Tモバイルの3Gネット用に開発されていたのでAT&Tの3Gネットと互換性で問題があったのも事実のようだが、Googleフォーラムのユーザーの間ではAT&Tの問題を解決するための大々的なOTAアップデートが行われるのではないかという意見が増えてきた。

そんな中フォーラムに登場したGoogleのライ・ガイ氏が、この問題について非公式な見解として投稿を行う。その内容は、ユーザーからのフィードバックは今でも確認しているが、この問題についてこれ以上の技術的改善をする動きは現時点では無い。今でも接続不良問題を抱えているユーザーに対しては、場所や方向を変えてみてはどうかとアドバイスした。この投稿は非公式という扱いになっているが、この問題についてGoogle関係者からの唯一の投稿なので、ユーザ間では事実上の公式見解として受け止められている。

AT&TとTモバイルの3Gネットの周波数の違いも問題としてあるようなので、そう簡単には改善できないのでしょうが、まともなメーカーの返事としてはかなりいたいと思います。Googleの殿様商売っぷりを感じさせるエピソードでした。source

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。