米国の研究所によるiPadの分析

米国ルイジアナ州バトンルージュのライダーリサーチの分析によると、iPadは、エンターテイメントや出版・情報各産業のサービス提供方法に劇的な変化を引き起こしている。

インパクトは最初から始まっていた。アップルによると発売初日の米国内での販売台数は30万台を超え、100万以上のiPadアプリがダウンロードされた。iPadは読書、映画鑑賞、音楽鑑賞、料理や工作のマニュアルとして、などあらゆる用途に使用可能。アップルはレジャー感覚のエンターテイメント情報端末を開発したのだ。

著者のワイティング氏によると、テレビ、雑誌/新聞、出版社は、持ち運びのできないテレビや、画面の小さい携帯電話へのサービス提供だけを考える必要は無くなる。エンターテイメントはパソコンではメインの用途とは言えず、iPadはテレビとパソコンのハイブリッド製品である。Wi-Fiや携帯電話の3Gネットワークにより、ユーザーはルータや電話線などの有線状況から解放され、パソコンすら必要無くなるとのこと。source

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。